Education

教育について

キャリアデザイン

進路指導体制

生徒の夢実現に向けて、一人ひとりの希望進路に合わせたサポート体制

卒業後の進路

卒業後の進路は、日本大学進学がメイン。日本大学付属生だけが受験できる内部進学用試験「基礎学力到達度テスト」により、成績上位者から選考を行います。全国約10,000人の受験者のうち、8,000番以内であれば、日本大学進学の可能性が高まります。

そのほか、日本大学各学部・学科が示す基準を満たす者に対し、学校長の推薦で出願する「付属特別選抜方式(定員枠あり 併願不可)」、日本大学の合格を保有しながら国公立大学(一般選抜)のみ併願できる「国公立併願方式」など、さまざまな選抜方式で日本大学進学への道を拓きます。

キャリアデザインプログラム

進路指導室では、生徒の進路希望をしっかりと把握した上で、さらにワンランク上の目標を達成できるよう、的確なアドバイスを行っています。1年次からキャリアガイダンスを行い、早期に目標を設定できるようにしています。また、3年生が下級生に進学のアドバイスを行う在校生講話、進路相談会などのイベントも行います。

step01

夢・目標の発見

高校1年

適学・適職診断や進学ガイダンスなどにより自分の適性、能力を見極め、進路についての理解を深めます。

step02

夢・目標の設計

高校2年

オープンキャンパスや模擬試験の結果などにより、自分の進路を見極めていきます。

step03

夢・目標の実現

高校3年

自分の進路に向けて、専門性を深めていきます。受験方法を決定し、受験に備えます。

進路相談会
校内に大学や専門学校のブースを設置します。具体的な情報から進路をかためていきます。
生徒情報の共有
外部模試の結果を受けて、それぞれの生徒の苦手分野を把握し、各教科で授業プランを検討します。

進路シラバス

キャリア教育の充実により、希望する進路への進学100%を目指す

高校1年次
スタート

オープンキャンパス参加

キャリアガイダンス

文理選択ガイダンス

高校2年次
スタート

在校生講話

3年生が1年生、2年生に対して自分が1・2年の時の勉強方法や進学に対する意識などの体験談を伝えます。身近な先輩の生の声を聞くことで今、自分が何をすべきなのかを確認し、進学への意識を高めます。

系統別ガイダンス

上級学校訪問

高校3年次
スタート

進路相談会

本校に大学や専門学校のブースを設置。合同外部相談会などではなかなか聞くことができない入試の情報を身近な距離で聞くことができます。自分が進む進路先の具体的なイメージを持って受験に臨みます。

総合型選抜ガイダンス

大学入学共通テスト・一般型選抜ガイダンス

大学入学共通テスト決起集会

進路

日大進学を目指し、国公立大や難関私大も視野に

日本大学付属生だけが受験できる、基礎学力到達度テストを利用して日本大学へ進むか、日本大学の合格を保有しながら、国公立大学(一般選抜)にチャレンジするか、ほかの難関私立大学を目指すか(日本大学との併願不可)を選択することができます。

学力や生徒の希望に合わせて、さまざまな進路が選べます。